2008年11月28日

なぜらくごか

たまに「何で落語家になったの?漫才とかコントはやろうと思わなかったの?」
なんて聞かれます。
確かに子供の頃からお笑いは好きで、欽ちゃん、ドリフ、ひょうきん族、とんねるず、色んなお笑い番組好きで見てました。
ただ、何故か笑点だけは見てませんでした。何でだろ?
で、前にも書きましたがちょうど高校生になる頃から関西のお笑いにすっかりはまったのです。

中でも一番影響を受けたのはやはり島田紳助さんでした。
今でもモチロン大活躍されてますが当時(90年代の初め)からその話芸は天才としか言いようが無く、特に比喩の仕方はまさに日本一でした。
また、先輩のタレント(上岡龍太郎さん、和田アキ子さん、山城新伍さんなど)と組んで司会をされてる番組は特に面白かった。

高校卒業後の進路など全く決まってなかったので「お笑いでもやろうかな?」と考えた時もありましたが、紳助さんの才能の凄さに「こんな凄い人と同じ世界でやれる訳がない」と諦めました。
当時18歳でした。

ちなみに落語は当時は全く知りませんでした。
時々TVで故林家三平師匠の昔の映像が流れたりして「そういう芸能が昔はあったんだ・・・・」となんとな〜く知ってたくらいで、現在にはもう誰もやってないと思ってました。
ところが22歳の時に初めて寄席という物が現在でもある事を知り、そこで落語が現在でもやってて、落語家も現役でいる事を知ったのです。

初めて落語を聴いた感想は、着物を着た年配の人が歌舞伎のように昔の話を独特の口調で話す難し〜い古典芸能で、いわゆる「お笑い」では無いんだなと感じました。客席も静かでお客さんも少なくほとんど誰も笑ってませんでした。
ただ、その噺家が誰だったかは覚えてません。
しばらくして、たまたま出てきた師匠の昔昔亭桃太郎を聴いて落語にも現代モノ(新作)があり、笑いの要素がある事を知りました。
そして一年後その桃太郎に弟子入りするのです。
理由はネタが面白く、その日出た全ての芸人の中で一番うけてたからです。
18の頃とは随分と考え方も変わってました。

実は前日まで就職情報誌で見た、都内のある焼き鳥屋(チェーン店)に面接に行こうと思っていたのです。
と、言うのも当時「べトナムで焼き鳥屋をやりたい!」と夢見てたのですが、なんせ共産主義の国なので個人で働くなんてまだ難しいと聞いて半ば諦めてたのです。
ところがその焼き鳥屋が、ちょうどベトナムのホーチミン市に店を出すから現地で働く従業員を募集してたのです。
まさにオレの為の求人案内ではないかと小躍りし、今は金曜の夜だから月曜になったら問い合わせようとワクワクしてました。
しかしこの数時間後なぜか「やっぱり落語家になろうかな」と思い始め、翌日の土曜の昼には浅草演芸ホールで師匠に弟子入りを申し出てたのです。
当時23歳の秋でした。

あれから11年経ちましたが、何であの時落語家になろうと思ったのかはいまだによく分かりません。
でも、もしあの時ベトナムで焼き鳥屋になってたら後の鳥インフルエンザでひどい目に遭ってた事でしょう。

う〜んラッキー手(チョキ)


posted by Shintaro at 05:06| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

やっとお会いできた

081120 001.jpg

長い一日だった。
朝、6時30分に起きて浅草演芸ホールに早めに入り小学生の生徒さん達を相手に早朝寄席。今日も太鼓の叩き方や扇子や手拭いを使った仕草等を教える。
みんな朝早くて眠そうだったけど行儀良く聞いてくれた。
面白かったのは野球帽をかぶってた子が3人いたが、みな大リーグの帽子だった。日本の球団の子は一人もいなかった。

そのまま昼席の12時に出演して今輔兄さんにお昼をご馳走になり帰る。
一度、家に荷物を置いて夕方から練馬文化センターへ。
6月に出させて頂いた夕刊フジ主催の『史上最笑の2人会』のお手伝いに。
今回のゲストはあの笑福亭鶴瓶師匠。
師匠の桃太郎とは仲が良く今回特別に来て下さった。
僕はお会いするのは初めて。
楽しみでしょうがなく寒風吹きすさぶ中、練馬駅からスキップした程だ。

ちなみに初めて鶴瓶師匠を知ったのは今から22〜3年前にTVで司会をされてた『世界No.1クイズ』だ。
確かすぐに終わったと思う。
その後深夜のパペポTVは毎週ビデオに録画し何度も繰り返し見た。
当時高校生だった僕は『パペポTV』『CLUB紳助』『夢で逢えたら』の3番組は必ず録画して気が済むまで何度も見たものだ。
つまり僕が最も笑いの影響を受けたのが島田紳助さん、ダウンタウンさん、そして今日お会いした笑福亭鶴瓶師匠なのだ。

そして今回も準備でお忙しいなか一緒に写真を撮らせていただいた。
かなり緊張した。
楽屋でもTVそのままのお人柄で面白いし感激した。
師匠とのトークも面白かった。途中で師匠のおかみさんまで舞台に呼ばれて参加するなど会場は大盛り上がり。
その後の高座はお得意の『青木先生』というネタでやはり大爆笑。
噂には聞いてたけど面白い噺だった。
前回の高田先生もそうだったけどやはり超一流の人は違う。
今日も大変に勉強になった。

帰りに鯉朝兄さんにご馳走になった。
朝早くて長い一日だったけど充実したいい一日だった。
posted by Shintaro at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

釣られそうになった

081115 004.jpg

今日は横浜にぎわい座に出演した。
桜木町にあるこの寄席には、普段は新宿から湘南新宿ラインで行くんだけど今日は工事で運行してなかった為渋谷から東横線で行った。
馬車道駅で降りて10分くらい歩いた。
ここ最近朝早かったりで忙しかったせいか風邪気味だ。
歩いてるうちに汗だくになってしまった。
冷えるとまずいので楽屋ですぐに着物に着替えた。
なんとか自分の持ち時間20分はやったがやはりいまいちだ。
トリの新真打の菊太楼師匠は40分の熱演だ。さすが!
帰りも同じルートを歩いて帰ってたら、橋の上でジーンズの太もものあたりに違和感が。
良く見たら下の川で釣りをしてる人の釣り針が引っ掛ってるではないか!
慎重にはずして川に投げ捨てて「引っ掛ってるぞ!」とさすがに大声で怒鳴ってやった。
下で「すいませ〜ん」って謝ってたけど場所によっては怪我してたよホント。
その後夜景の写真を撮ってまた東横線に乗って帰った。
かなりだるかったので車内で20分程寝たらかなり具合が良くなった。
おかげで今はかなりいい調子。
今、高座に上がりたいくらいだ。
それはさておき、こじらせる前に早く風邪治そう。
posted by Shintaro at 21:42| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

朝は苦手

今日は朝から浅草演芸ホールで地元の小学生を対象にした寄席演芸鑑賞教室というのに出演した。
僕の仕事は遊之介師匠と前座の雷太クンと一緒に扇子や手拭いの使い方や太鼓の叩き方等を実演して見せる事だ。
子供達はけっこう喜んで聞いてくれるし反応もいいのでやりがいがあるのだが、とにかく朝が早くて大変だ。
9時20分には始まるので家を7時40分に出て電車で浅草まで行くんだけど、ちょうど通勤ラッシュと重なるためとにかく電車が混んでて嫌になる。
普段はこんな早い時間に電車乗らないからね。
ちなみに生徒さん達はその後マジックや曲芸、もちろん落語も見て演芸ホールの開場前の11時には帰るのだ。

昨日もこの仕事あったけど、昨日はこの後12月に出る「超初心者のための落語入門」という本に載る「二ツ目座談会」に参加させてもらった。
前座の頃の修行の苦労話等を話すんだけど、落語協会の御三方と違って僕と鯉之助兄さんはユル〜イ前座時代だった為「何で来たんだお前らは?」と言うくらい明らかに人選ミスだったような気がする。
でも結構楽しかった。
この本、主婦と生活社から12月18日(予定)に出ますのでお楽しみに!


そういえば西友で優勝セールやらないのね。
残念。
posted by Shintaro at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

原 残念

西武が日本一になってしまった。
特に巨人ファンではないけど今年は巨人に勝たせてあげたかった。
いや、巨人と言うよりも原監督に勝たせてあげたかった。
何と言っても来年のWBCの日本代表監督ですからね。
日本一になってその勢いでWBCを戦って欲しかった。
それでもし世界一になったら「名監督」どころか一気に野球界を代表する「英雄」になれたのに・・・・。

しかし第七戦までもつれただけあって面白い日本シリーズでしたね。
巨人と西武がまた黄金時代を築けば野球人気もまた復活するんじゃないかな?
少なくとも中日と日ハムの日本シリーズよりはいいよ。

あと西友の優勝セールはちょっと楽しみ。
コタツの掛け布団カバーを買うんだ。
posted by Shintaro at 23:21| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

ネコの味覚

081104 001.jpg

植え込みの枝を舐める近所のネコのシマ
美味しいのかな?
ひたすら舐めてたのでしばらく眺めてたけど、寄席に遅刻するから写真だけ撮ってサヨナラした。
その後上野広小路亭に行って新宿末廣亭に行った。
末廣亭は最近客席の電気を一部消してるけどお客さんは暗くないのかな?逆に今までが眩しかったって人もいるみたいだけど。
僕も最初は違和感あったけどもう四日目だから慣れてきた。
昨日までは二階席も開く盛況ぶりだったけどさすがに平日は二階は開かないね。
それでも桟敷席まで入っててありがたいですよ。
風邪ひかないように気をつけよう。

夕方帰ってきたらシマはいつもの寝床で寝てました。

いい気なもんだ。
posted by Shintaro at 18:21| 東京 ☀| Comment(0) | シマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

あ〜りがたいこっちゃね〜

081101 002.jpg

今日から11月。
早いもので今年もあと二ヶ月だ。
僕は今日から10日まで新宿末廣亭の昼席に出てます。
休憩後すぐの出番なんですが、前が桂米丸師匠、後が玉川スミ師匠というモノスゴさ。
何がスゴイってお二人合わすと約170歳!
その大ベテランのお二人に挟まれて僕なんかが出てくるんだから、お客さんも何だろうと思うでしょうね。
しかし元気なお二人ですよホント。

今日は初日だったんですが団体も入ってたせいか二階まで超満員。
寄席の出番はは久々だし、さすがにちょっと緊張して硬くなったけど何とか無事終わって良かった。
ちなみに明日はお休みします。

暇だった先月に比べ今月は何故か忙しい。
一日二ヶ所掛け持ちとかあるから高座数だけでも30近くある。

あ〜りがたいこっちゃね〜るんるん
posted by Shintaro at 20:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。