2009年05月31日

去年と同じの5月下旬

今日はいつもお世話になってる朝日新聞さんの落語会に
「犬の目」と言う噺を目の不自由なお客さんの前でやる事では落語界随一
の瀧川鯉之助さんと行って来た。
終わってウナギをご馳走になった。
どんな感じかは2008年05月26日の記事をご覧下さい。ほぼ一緒です。
ちなみに2006年05月27日もこの人と一緒だった。

来年の今頃もこの人と一緒でしょう。
その理由は6月5日(金)の日本橋亭の「おとぼけ落語会」で少し触れると思います。
お楽しみに!



posted by Shintaro at 22:03| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

ネコに・・・

090526a.JPG


090526 001.jpg

飼い主さん曰く
「今いちばんきれいなんだよ。シャンプーしたてだから」
確かに毛がきれいになって、ふわふわしてた。近づくといい匂いもした。

やっぱりリンスもするのかな?

posted by Shintaro at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | シマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

勉強になりますよ

今日は日本橋亭で先輩の今輔兄さんの会に出させていただいた。
先週の金曜も同所でやはり先輩の柳之助兄さんの会に出させていただいた。
ネタは両日とも『旅行日記』という噺をやった。
同じ場所で同じネタでも、やはりお客さんによってウケ方やウケる箇所が違う。
今さらながら勉強になる。

今日の今輔兄さんは2席とも自作の落語をやってた。
袖で聞いてて、6月5日のやはり日本橋亭の自分の勉強会でネタおろしする落語をいま必死こいて作ってる自分には良い勉強になった。
ずいぶんヒントをもらった。
後輩の僕が言うのも何だけど、今輔兄さんはあれだけ込み入った噺をよく作れるし、またよく覚えられますよ。
しっかりウケるし。
改めて凄いと思った。
僕も6月5日に向けてもっと噺を練り込もう。

090525 003.jpg


※写真と文章は関係ありません



posted by Shintaro at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | シマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

KNUCKLER〜ナックラー〜

おなじみの漫画家 弓羽剛矢先生 の新作が現在発売中の「オースーパージャンプ6月増刊号」に載ってます。
本人がわざわざ送ってくれました。
前回は封筒の宛名に本名+「師匠」がついてたけど、今回は「大師匠」になってた。次回が楽しみです。

CCF20090520_00000.jpg
巻末のKNUCKLER〜ナックラー〜という漫画です。
弓羽先生、前作は江戸時代を舞台にした料理人もの。
今作は19世紀のイギリスを舞台にしたボクシング漫画。
色々考えますよねホント。頭が下がります。
念願のボクシング漫画を描けた弓羽剛矢先生の漫画、
ぜひ皆さんも読んでみてください!面白いよ!



弓羽剛矢
です

posted by Shintaro at 03:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

新真打の披露目(3)

今日は浅草演芸ホールにまたも新真打の昇進披露興行のお手伝いに行ってきた。浅草は三社祭と重なってすごい人出。
演芸ホールも外の祭に負けない熱気に包まれてた。

aRIMG0092.JPG
仲入り後の口上。
左から歌春・鯉昇・小遊三・新真打3人・歌丸の各師匠方

aRIMG0090.JPG
今日出演する新真打はこの三人。
左から三遊亭遊喜瀧川鯉枝瀧川鯉太

a090517 001.jpg
出番を前に楽屋でペプシとタバコで集中力を高める鯉枝師匠。
すっかり真打の風格が漂ってる。
どことなく余裕さえも感じられる。

a090517 002.jpg
同じく出番の前に気合を入れる鯉太師匠。
今日の昼の部のトリを務める。
やはり真打の風格が漂ってる。
後ろでタバコを吸う間抜け顔の弟弟子の鯉橋とはエライ違いだ。

aRIMG0120.JPG
遊喜師匠の高座姿。
舞台の袖から激写。
ネタは「壺算」。

RIMG0128.JPG
鯉枝師匠の高座姿。
ネタは自作の「ディスイズアペン」。

aRIMG0130.JPG
そしてトリを務めた鯉太師匠の高座姿。
ネタは「転失気」。

aRIMG0133.JPG
会場の空気を機敏に察知し、十八番の「転失気」で爆笑をとる
鯉太師匠の高座を裏で聞き入る鯉枝師匠。
まばゆいばかりの照明に照らされ、満員の観客を爆笑させる鯉太師匠と
薄暗い舞台の裏で椅子に腰掛けながら物思いにふける鯉枝師匠。
実に興味深い一枚だ。

この2人の3年前の写真(2006年6月30日『観劇』の記事)と見比べると感慨もひとしおだ。

真打の披露目とはこれほどまでに壮絶で感動的で色々大変なのである。
皆さんにその一端がお分かりいただけたであろうか?
posted by Shintaro at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

もう三日前の事ですが

よくあるパターン
仕事→打ち上げ→真夜中に帰宅→気力減退で睡眠→翌日「今さらもういいや」で結局ブログを更新せず

13日の池袋の柳昇師匠の七回忌追善興行の時もそうだった。
帰ったのが翌早朝。
直ぐ寝て夕方に起きたら「今さらもういいや」でブログ更新せず。
でもやっぱり今さらながら面白い写真あるので載せときます。

090515 005.jpg
一門の寄せ書きです

前座から真打まで全員。
これだけ一堂に会するのは珍しいですよ。
僕のもあるけど分かりにくいですねコレは。
しかし当日は満員のお客様で、ご来場いただいた皆様ありがとうございました。
あと僕は本を販売する係だったんですが、お買い上げいただいた皆さんありがとうございました。
会も柳昇一門らしいホノボノとした会で大成功でした。
posted by Shintaro at 02:19| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

新真打の披露目(2)

今日も新宿の末廣亭に新真打の披露目を手伝いに行った。
今日は三遊亭 遊喜師匠と橘ノ 杏奈(昇美依改メ)師匠、桂 枝太郎(花丸改メ)師匠のお三方の披露目だった。

090508 002.jpg
これが三人のまねき

090508 001.jpg
仲入り後の口上の様子

ここ2・3日あいにくの天気だったけど、土日は好天に恵まれそう。
皆さんもどうぞ!

あと来週13日(水)には池袋芸術劇場で春風亭柳昇七回忌追善興行があります。
故柳昇門下の小柳枝・桃太郎・鯉昇・柳桜・昇太・柳好等が出演します。
僕はロビーで物販等のお手伝いで高座はありませんが、皆さんも良かったらどうぞ!
柳昇師匠の懐かしの写真の展示やお楽しみくじ等もあります。
posted by Shintaro at 02:24| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

新真打の披露目

今日は新宿の末廣亭でやってる真打の披露目を手伝いに行った。
この5月から新しく真打に昇進するのは
三遊亭 遊喜
春風亭 鯉枝
橘ノ 杏奈
(昇美依改メ)
瀧川 鯉太
桂 枝太郎
(花丸改メ)
の皆さん。

今日はこのうち春風亭 鯉枝師匠と瀧川 鯉太師匠のお二方の披露目だった。

090503 005.jpg
寄席の入口にはこの様なのぼり

090503 006.jpg
高座の上にはこの様なまねき

090503 007.jpg
楽屋ではこの様な光景
左から桂米丸師匠、桂歌春師匠、春風亭昇太師匠
紹興酒を飲みながらシュウマイ食べながら色々な話を。
横で聞いてて為になるし面白い。

新真打の5人の皆さんは、一緒に前座修行をやってただけに感慨深い。
尚、この真打昇進襲名披露興行の詳しい日程はこちらで↓
http://www.geikyo.com/schedule/index.php
posted by Shintaro at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。