2013年12月05日

神宮外苑

またまたご無沙汰です。
ちょっとぼーっとしてました。

さて、ご承知のように国立競技場が来年から改築工事に入る為、今のうちに現国立競技場を記憶に焼きつけておこうと言う訳で先日見学に行ってきました!
併設の秩父宮記念スポーツ博物館に入館(入場料300円)するとスタンドも見学できます。

025 (2).JPG
30年ほど前に読売新聞でもらったチケットでサッカーを見に来た事がある。
試合内容とか一切覚えてないが、入口でスーパーカーの消しゴムをもらった記憶がある。もちろんJリーグが出来る前の読売クラブの時代の話である。

023.JPG
堂々たる電光掲示盤。 青空に良く映える。

027 (2).JPG
手前に見えるそれっぽい屋根は東京体育館
向こうにそびえるのは新宿のビル群。
完成した50年ほど前とは周囲の景色もかなり変わってることでしょう。

033.JPG
向こうに見える逆三角形の影が1964年の東京オリンピックで使われた聖火台
間近で見たかったが、見学できる範囲が限られてるので残念

045.JPG
そのオリンピックの時に使われた表彰台
併設の秩父宮記念スポーツ博物館に展示してあるし上がることも可能だし。
実際乗ってみると「おぉっ」て言う感じ。
他にもこの博物館の展示物が色々と面白く興味深い。
中でも秩父宮親王がご幼少の頃、乃木将軍に書いた手紙(作文か?)が良い。
鉛筆で書いてある子供の字なのでとても親しみがわく。おススメ。

051.JPG
続いてお隣にある聖徳記念絵画館へ。
中は撮影不可だけど、明治天皇に関する壁画が展示されてます。
その絵も見応えあるが、大正15年に建てられたこの建物そのものが素晴らしい!
ここも30年前に野球見に来たついでに訪れたことがあるが、良く覚えてない。
入館料が500円なのが変わってないような気がする。安い!

056.JPG
さらにちょっと歩いておなじみのいちょう並木へ。
平日の昼間なのに人でいっぱい。外国人も多かった。
アジア系はデジカメで写真撮りまくり、白人はブラブラ見るだけの人が多かった。
日本人はスマホや携帯で写真撮る人がほとんど。

060 (2).JPG
この方角から奥の聖徳記念絵画館に向かってきれいに見えるように、
わざわざ遠近法を使って植えられてるそうです。
その為か信号が青の時に横断歩道の真ん中で撮影する人が多い。
中には堂々と車道に出て撮るツワモノも!

071.JPG
きれいに並んでますよねしかし。
大正12年にできたそうです。昔の人はおしゃれだね。

国立競技場〜聖徳記念絵画館〜いちょう並木のコースは徒歩で楽に周れるので、同様のコースを歩いてる人を何人か見た。皆さん考える事は一緒だね。
子供の頃、神宮球場にヤクルトの試合を見る為に数え切れないほど通ったこの界隈も、こうやって久しぶりに歩いてみると色々変化を楽しめて面白い。
のんびりと楽しめるこのルートはおススメ。



posted by Shintaro at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。