2012年02月19日

26年ぶりに

昨日は母校の三谷小学校のCSフェスタに呼んで頂いた。
卒業以来26年ぶりの母校はあまり変わってなくてある意味驚いた。
教室の流しに吊るしてある黄色い石鹸や、カネヨのクレンザーなど26年前と全く一緒だった。
卒業式で卒業証書を受け取った体育館の舞台で26年後、まさか座布団を敷いて落語をやるなんて夢にも思わなかった。
今回は父兄の皆さんや、地域の方対象だったけど、今度はぜひ生徒さん相手にやりたいですね。

三谷小55周年弁当.JPG
ちょうど創立55周年という事で記念のお弁当を作ったというので頂く。
国産の素材にこだわったおかずはどれも美味しかった。

三谷小ぎんなん.JPG
お土産に校庭のイチョウの木で採れたぎんなんを頂く。
生徒さんの手作りの袋が何ともいい。これも美味しかった。

2012西荻センター祭り チラシ.JPG
3月4日はやはり地元の西荻地域センターのセンターまつり
こちらも毎年呼んで頂いてる。

そういえば先週は高円寺で恒例の高円寺演芸まつりに出させて頂く。
毎年呼んで頂いてるが、このイベントもすっかり定着してきた感がある。

こんな感じで地元の杉並を中心にいろんなイベントに呼んで頂くが、運営のスタッフの皆さんの働きぶりにはいつも頭が下がる。
前の記事にあるこけし屋落語会もそうだけど、会場を作ったりチラシを配ったり、呼び込みしたり、受付をしたり、出囃子のCDの再生ボタンをポチっとしたり。
裏で協力してくれる(しかもボランティアで)皆さんのおかげで毎回無事にやれるのだ!
そういう訳で各イベントの裏方のスタッフの皆さん、いつもありがとうございます!!


話しは変わりますが、金曜日に映画のアバターやってたけど、あの青くてでかい異星人にだけは感情移入が出来ない。
劇場で見た時もそうだったけど、どうしても人間側を応援してラストにがっかりしてしまう。
後味の悪い映画だ。


posted by Shintaro at 19:17| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
建半さん
T光師匠はイロイロとエロエロな作品に出演されてるそうですね。
R光さんと共に僕の弟弟子2人も真打昇進しますのでついでによろしくです。
Posted by 慎太郎 at 2012年03月31日 22:11
出身校で高座を務めたとあっては、まさに「故郷に錦を飾る」の例え通り大出世じゃないかぃ??映画は最近あまり観ないけど、かなり以前に芸術協会の重鎮でもある上方系のT光師匠が、若き日に時代劇風のポルノ作品に出演されていたのを観たことがあった。師の愛弟子R光クンが昇進されるようだから、打ち上げで師匠が上機嫌だったら、その作品の撮影秘話でも尋ねてみたら…?
Posted by 建半 at 2012年03月09日 20:28
ナカダサン
劇場で観たときは、ストーリーはともかく3Dの映像を楽しめたから良かったんですけどね・・・。
ちなみにE・Tも気持ち悪くて苦手でしたね。
Posted by 慎太郎 at 2012年02月23日 17:17
師匠、私もテレビで観たけどなんだか気持ち悪かった。
結局最後は殺し合いだし。
Posted by ナカダサン at 2012年02月21日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。