2006年01月22日

歌舞伎鑑賞

歌舞伎 007.jpg

今日は銀座の歌舞伎座に歌舞伎を見に行きました。
ちょうど坂田藤十郎襲名披露(中村鴈治郎改め)公演をやってました。ちなみにこの方の奥さんは参議院議員の扇千景先生なのです。

チケットは一番安い1500円の一幕見席で、少し並んで14時半からの曽根崎心中を見ました。
近松門左衛門の名作で、大阪の曽根崎を舞台にした心中物です。歌舞伎は何を言ってるのか分かりづらいのですが、あらすじさえ頭に入ってればなんとなく分かるもんです。生で見るのは5回目ですが、4階の最後列からでも今回もそれなりにちゃんと楽しめました。
場内も満員で、特に外人が多く来てました。寄席にはあまり外人は来ないけど、まぁいいや。

帰りに鳥ぎんの本店で鳥釜めしを食べて帰りました。可も無く不可も無くといった味でしょうか。
子供の頃に食べた戸越銀座の釜めしはおいしかったな〜。

普段は新宿ばかりだけど、たまには銀座もいいね手(チョキ)


posted by Shintaro at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。