2011年09月23日

シンガポール2

18日の日曜日は毎年恒例の地元の荻窪八幡の祭りでお神輿を担ぐ。今年も肩と足が筋肉痛になり日頃の運動不足を痛感する。
20日は江戸文化の講演で荻窪で時そばを演る。半年ぶりだったが蕎麦を食べる仕草はやはり難しい。
21日は台風のなか新宿の末広亭夜席に出演。16時頃家を出たら暴風雨で30秒で傘が使い物にならなくなる。電車を乗り継ぎ濡れネズミで楽屋に着くと、寄席は当たり前のようにやっててお客さんもそれなりに入ってた。ちょうど台風が都内を通過してる頃高座に上がる。荒れ狂う外とは別世界のように静かな場内。
「電車停まってるから行けないよ!」という電話がひっきりなしに鳴り、平治師匠の大きな笑い声が響きわたる楽屋の方がよっぽどにぎやかだった。
結局5〜6人休演になったが、高座時間を延ばしたり平治師匠が二度上がったりしながら何とかトリの春馬師匠までつないで予定通り21時に終える。

あのくらいの台風では休みにならない新宿末広亭9月下席/夜の部に30日まで出演してます。トリは三遊亭春馬師匠です。良かったら皆さん見に来て下さいネ!

そんな訳でシンガポール第二弾です!

マレー半島縦断(2011) 095b.jpg
シンガポールと言えばマーライオン
かつては「世界三大がっかり」なんて言われたこともありましたが、
実際に見てみるとなかなか迫力があっていいですよ。

マレー半島縦断(2011) 090b.jpg
背後にはミニマーライオンも。
こっちは愛嬌満点ですね。
ちなみにマーライオンはシンガポール内に全部で5つくらいあるそうです。

マレー半島縦断(2011) 422b.jpg
シンガポールの名物料理と言えばこのチキンライス(海南鶏飯)でしょう。
茹でたやわらかい鶏肉とその茹で汁で炊いた白米に醤油やチリソースをつけて食べる。東南アジアならどこにでも似たような料理があるけど、
シンガポールのチキンライスが一番美味しい!
ここで食べたのはスープがついて約200円(横の野菜炒めは約250円)!
安いし美味いしとにかく最高!!!!

2011マレー半島縦断-3 090b.jpg
シンガポールと言えばカラフルなショップハウスも有名。
一階が商店で二階が住居になってる伝統家屋です。
背後の近代的なビルとのコントラストがたまらない。

マレー半島縦断(2011) 453b.jpg
中華街にあるヒンズー寺院の向こうに見えるショップハウスと近代的なビル。

2011マレー半島縦断-3 059b.jpg
セグウェイにも乗りました。
簡単に乗れるし病みつきになる。日本の公道で乗り回したい!

マレー半島縦断(2011) 470b.jpg
最後は夜のマーライオン
2年前に来た時もそうだったけど、シンガポール最後の夜にまた会いに来たくなる不思議な魅力がある。
もう「世界三大がっかり」とは言わせない。

シンガポール観光はよく「退屈」とか「一回行けば十分」等と言われあまり人気ありませんが、僕はけっこう好きですね。このブログに紹介しきれないほど面白いところいっぱいありますよ!
ホテル代が高いのがネックですがまた機会があったらぜひ行きたい!



でもあと一回行けば十分かな?


posted by Shintaro at 02:35| 東京 ☁| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

シンガポール1

なかなか更新しないですみません。
何せ帰国してからすぐ池袋演芸場に連日出演したり、地元の目の不自由な方々の施設に呼んで頂いたり、熊本の敬老会に呼んで頂いたり、10月の芸協まつりの準備があったり、仕事の打ち合わせがあったり、地元のお祭りの準備があったり・・・・と連日なかなか忙しかったのです。
そして何より、2,000枚以上ある膨大な写真の中から載せるのを選ぶだけでもかなり時間がかかってしまって・・・・。

と、アリ一匹入り込む隙のないほど言い訳をしたので、今シンガポールで最も話題のホテル、マリーナベイ・サンズの写真をどうぞ!

マレー半島縦断(2011) 113b.jpg
マリーナベイ・サンズを別のホテルから見るとこんな感じ。
3棟のホテルの上にプールが乗ってます。

マレー半島縦断(2011) 382b.jpg
何といってもこの屋上プール(57階)は素晴らしい!
このプールの為に泊まるようなもの!
老若男女みなさん楽しんでました。

マレー半島縦断(2011) 378b.jpg
プールの端っこはこんな感じです。

マレー半島縦断(2011) 284b.jpg
屋上プールからの夜景

マレー半島縦断(2011) 481b.jpg
夜のホテルの外観。
この日はシンガポールの独立記念日だったせいか、プールの底に国旗が。


今日と明日は地元の荻窪八幡のお祭りなんで、今回はこのへんで失礼します。
posted by Shintaro at 15:52| 東京 ☀| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

ベトナムさいご

まだこれやってたのかよ!
やるんならもっと素早くやれよ!
って思われるかもしれませんが今回が最後です。
最終回は色んな商売の皆さん編です。

ベトナム 173.jpg
有名なシクロ
最近は市の中心部ではあまり見かけない。
料金は交渉制なんだけどドライバーは少しでもぼったくろうとしてトラブル多発。
僕も何度言い合いになった事か・・・・。
とにかくムカつくんだけど見かけなくなると寂しいものだ。

ベトナム 211.jpg
シクロは市場で大量に仕入れた物を運ぶ時にも便利です。
ホント数年前までホーチミン市の中心部でも良く見かけたんだけどね。
近代化で追い出されたみたい。
コレは中華街の市場のそばでたまたま見かけました。

ベトナム 051.jpg
ココナツジュース売り。
上部をカットしてストローで飲みます。
安いけど味はどうかな?
冷えてればそれなりに美味しいけど常温(ぬる〜い)のはいまいち。

ベトナム 092.jpg
ワッフル(のような物)やバナナを乾燥させてシート状にして焼いたもの
を売ってる店。 おそろしくチープだけど味は甘くてそこそこ。
ただ売り子の婆さんが恐ろしくぼったくろうとしてくる。

ベトナム 116.jpg
中央分離帯で気合の入ったおばさん
けっこう大きな通りなんですけどね。 ここじゃないとダメなのかな?
何を売ってるのかは分かりませんが面白かったので撮りました。

ベトナム 176.jpg
フランスパンのサンドウィッチバインミーの屋台を裏側から。
コレは美味しいですよ〜。 特にコーヒーと良く合います。
フランス統治時代のナイスな置き土産。

ベトナム 238.jpg
コレがそのベトナムコーヒー
上のフィルターからコーヒーがポタポタ落ちるのを気長に待ちます。
底に沈んだコンデンスミルクが檄甘なんだけど暑くてバテ気味の体には美味しい。濃い時は左のお湯で薄めるの。

ベトナム 277.jpg
アイスクリーム屋。
何故かスピーカーから大音量で音楽を流しながら売り歩いてます。
味は普通。

ベトナム 430.jpg
CDの移動販売。
夜なのにご苦労な事です。
色んな商売ありますね。

ベトナム 418.jpg
コレは珍しい身長測定屋さん。
体重も量れるのかな?
学校やなんかで測る習慣が無いんでしょうね。
ミャンマーでも見ましたよこの商売。
日本じゃありえない商売。

という訳で行く度に街の変化に驚かされるベトナム
今回も空港が新しくキレイになってたし、お店も明るくてキレイな店が増えてた。
普通に日本で見るような店やビルもあった。
ロッテリアやケンタッキー、コンビにまで何軒か見かけた。
中心部からは物乞いや子供の物売りが減ってたし、シクロは追い出されて、かわりにタクシーやバイクタクシーが増えてた。
共産主義的な雰囲気も街を歩いただけでは全くと言っていいほど見られない。
一方で道の渡りにくさは相変わらずだし、物価はかなり上がってた。
治安も悪化してるのか初めてひったくりにあった。
道を渡ろうとした時に、二人乗りのバイクにすれ違いざまに肩から提げたカバンを取られそうになった。手で押さえたから無事だったけどあんなの初めてですよ。
そう言えば日本人の観光客は一時のピークを過ぎて減少してるらしい。
タイと違ってリピーターが少ないからでしょうね。
実像をちゃんと伝えないマスコミにも問題があると思うんだけど、一度行ってひどい目にあって「二度と行くかこんな国!」って人多いと思いますよ。
それくらい観光客相手のベトナム人って性格悪いのが多いですからね。

とか何とか言いながら結局僕はまた行っちゃうと思います。
なかには親切で陽気でいい人も多いですしね。
この街が持ってるエネルギーにはやはり魅力がありますよ。

皆さんもベトナムに行かれる際は、あまり期待しない事が大切ですよ!
人にも物にも食事にも。
そうすると楽しくてまた行きたくなるかも!

posted by Shintaro at 06:08| 東京 ☀| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

べとなむさん

サミットも無事終わって一安心。
南北格差が広がるなか、各国首脳や奥様方の食事が豪華すぎるって非難する声があったけど言われてみればそうかもね。
北海道なら食材がいいんだから素材を生かした安くて美味い料理なんかいくらでもできそうだけど。

ベトナム第3弾は食事編です。
食事を撮るのって難しいんですよね。
大体お腹空いてるから料理出てきたら写真なんか撮らないですぐ食べ始めちゃうし。料理を撮るって習慣普段無いしねぇ。
だからけっこう食べかけの写真もあるけどよかったらどうぞ!

ベトナム 012.jpg
今やベトナムの料理で一番有名なフォー
ちょっと小ぎれいなチェーン店で牛肉と海鮮類が入ったもので約220円。
クセがなくてさっぱりしてて美味しかった。

ベトナム 103.jpg
汁なし麺に牛肉と野菜炒めをかけたものチャーハン。
両方とも油が多くべチャッとしてていまいち。
パサパサの米はチャーハン向きだと思うんだけど・・・・。
アジアでチャーハン食べてマズイと思ったの初めてもうやだ〜(悲しい顔)

ベトナム 145.jpg
きしめんみたいな平たい麺と野菜とエビを炒めたもの
これも油が多くてべチャッとしてていまいち。
ベトナムの食事ってこんな油っこかったっけ?
ミャンマーはこんな感じ(もっとひどいか)だったけど。この店だけか?

ベトナム 143 (2).jpg
ココナッツで蒸したエビと揚げ春巻
これは美味かったです。
揚げ春巻きの横にあるヌクマムというタレにつけるのもいいけど、
ライム搾って塩つけて食べる方が美味い。
ちなみに日本で人気の生春巻より揚げ春巻の方が100倍美味いです。

ベトナム 296 (2).jpg
これもけっこう有名なベトナム風お好み焼きバインセオ揚げ春巻
バインセオは中に豚肉ともやしとピーナッツが入ってて、
ちょっとずつ横の葉っぱでくるんで食べます。
けっこう美味しいですがやはり日本のお好み焼きには勝てません。

ベトナム 301.jpg
これはバインセオを焼いてるところ。
人気のあるお店なので調理場は大忙し。
そういえば客席係も店内を走り回ってた。
あんまり繁盛してるので向かいにそっくりの店ができてた。

ベトナム 402 (2).jpg
カニ料理の店。
カニと春雨を炒めたものカニのつめの揚げ物カニのスープ
カニのつめは軟らかくて、みんな美味しくて安い(日本に比べて)です!

今回はこの辺で手(パー)
写真見てたらお腹すいてきた。
蒸し暑いしペプシNEX飲みながら柿ピーでもつまもう。
ビールを飲まない僕には夏はこの組み合せが最強!

0710 (2).jpg
そうそう、近所のネコのシマが退院したそうです。
しばらくは自宅療養だそうですがまずは一安心。
毎度の事ながらこの飼い主さん大変だ。

posted by Shintaro at 01:07| 東京 ☀| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

ベトナムに

さてベトナム第2弾は市場編です。
他の国もそうですけどやっぱり市場は見てるだけでも面白いですね〜。
尚、写真はベンタイン市場、タイビン市場、ビンタイ市場の写真を適当に使ってます。 この3ヶ所名前が似ててややこしいんですよね。

ベトナム 087.jpg
街の中心にある有名なベンタイン市場
ここの連中は観光客ずれしてて価格も高めで相当ふっかけてくる。
ムカつくのでここでは買い物しないように決めている。
冷やかし専門市場

ベトナム 023.jpg
市場内の果物屋さん。
さすが南国フルーツ天国!
色んな果物が豊富で安い!
一番はやっぱりマンゴーかな?

ベトナム 122.jpg
野菜も豊富。
特に葉物は有名な「フォー」の付け合わせ等でボウルに山盛りで出てくる。
ただしコリアンダー(パクチー)とドクダミだけは勘弁して欲しい。

ベトナム 119.jpg
これは魚の干物かな?
種類は不明。
左上の赤いのは干しエビ。

ベトナム 120.jpg
こっちはナマ物
何かの魚やイカやエビ等。
写真じゃ伝わらないけど生鮮食品の売り場の臭いはかなりのもの。

ベトナム 059.jpg
これなら臭いも伝わるかな?
30℃を超える気温にベタベタした高い湿度。
水でビチョビチョの床に色んな食べ物の臭いが混ざって・・・・もう最高!

ベトナム 054.jpg
足を縛られて脱出できない食用ガエル
その周りをカニがカサカサと回ってました。

ベトナム 085.jpg
市場内の食堂
ご飯の上にケース内のおかずを乗せて食べる。 味は普通。
ただ、たいがい生鮮食品売り場のそばにあるので悪臭と共に頂く事になる。
米自体も少し臭うのでハッキリ言って市場での食事はお勧めしません。

ベトナム 062.jpg
こんなプリンなんかも売ってるんですけどね。
周囲の臭いはどうにもなりませんね。

ベトナム 164.jpg
エスカレーターを利用してネイルケアをするお姉さん。
尚、このエスカレーターは動きません。
その昔は動いてたのかもしれませんが13年前には既に動いてませんでした。

ベトナム 170.jpg
帽子やヘルメットの店。
色んな柄や模様があって面白い!
・・・・というより最前列はもう何でもありですね。

という訳で今回はこの辺で。
市場にしては思ったよりいい写真が少なかったです。スミマセン。
posted by Shintaro at 03:54| 東京 ☀| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ベトナムでした

そういう訳で一週間ほどベトナムのホーチミンシティ(旧サイゴン)に行ってきました。
6年ぶり。最初に行ったのは13年前の1995年。その後1996年、2002年に行って今回が四度目。
相変わらず蒸し暑くて、見どころも少なくて、商売人はすぐぼったくろうとするし、バイクが多くて、クラクションは常にうるさくて、排気ガスのせいで空気は悪くて、道路は渡りにくくて、色々臭くて・・・・・って「じゃあそんなトコ行かなきゃいいじゃん!」
と思われるかも知れませんが、何故かまた行きたくなるんですよね〜。
何ででしょう?

とりあえずは街なか編です。

ベトナム 007.jpg
空港を出て路線バスで市内へ。
料金は3,000ドン(約20円)安い!
前方に見える緑色のバケツはゴミ箱かと思ったら氷とお茶が入ってて客のおじさんが勝手に飲んでた。ちゃんとエアコンが効いたバスは走り出すと大音量で歌謡曲を流し始めた。

ベトナム 042.jpg
ホテルの屋上からの眺め。
思ったより高いビルが建ってた。
左下に見えるのはロッテリア
街中でけっこう見かけた。KFCも見かけたがマックは見なかった。

ベトナム 084.jpg
麻薬撲滅と運動しましょうの看板。
麻薬はベトナムでも深刻な問題。
そういえば昔ながらのいかにも共産主義といった感じのプロパガンダの看板は
見かけなかった。もう流行らないんでしょうね〜。

ベトナム 094.jpg
定番の人民委員会をバックに撮るホーチミン像
天気は雨期のせいか曇りがち。
おかげで思ったより暑くなかった。

ベトナム 286.jpg
左はサイゴン大教会、右の木に隠れてるのは中央郵便局
両方とも19世紀末のフランス統治時代に建てられた、この街の数少ない見所の一つ。 真ん中の真新しいビルにはデパートが入ってた。

ベトナム 132.jpg
バイクも多いが電線も多い。
奥の電柱傾いてるよ。
今はバイク乗るのにヘルメット着用が義務付けられてるみたい。

ベトナム 259.jpg
ベトナムの建物は四角くてウナギの寝床のようなのが多い。
中にはかなり間口が狭いのも。
また、屋上やベランダにが多い。
バスの中から窓越しに撮りました。

ベトナム 204.jpg
歩道が・・・・・。
実際、店の商品やバイクが歩道を占拠してるのは良くある事。
ただでさえ交通量の多い車道を歩かなきゃいけないのだからたまらない。

ベトナム 377.jpg
メコンデルタへの日帰りツアーでミトーという街にボートクルーズへ。
何となくそれっぽいでしょ?

ベトナム 315.jpg
暑いせいかお昼寝中の
そう言えば犬はあちこちで飼われてるのを見かけたけど、
猫は2匹くらいしか見かけなかった。 しかももの凄〜く痩せてる猫。
住宅街の方に行けばいるのかな?

今日はここまでね。
続きはまた今度手(パー)
posted by Shintaro at 23:47| 東京 ☀| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

行ってきました

ベトナム 041.jpg

お久しぶりで〜す!
しばらく更新しないでスミマセン。
ちょっと旅行に行ってました。
場所はこの写真の国です。
すごいでしょこのバイクの数!
どこか分かります?
ちょっと疲れたので詳細は次回に手(パー)
posted by Shintaro at 14:53| 東京 🌁| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

北京其之四

北京最終回は食べ物編です。
ちょっと前に段ボール入り肉マンとか、家庭用に売られてるミネラルウォーターの四割は水道水が入ってるとか常に話題に事欠かない中国の食べ物ですが、かと言って現地で何も食べない訳にもいかないので普通に食べましたけどね。
ゲテモノもあるので悪しからず。

pekin2 050.jpg
北京といえばなんと言っても北京ダック
味は勿論文句なし!とにかく美味い!
タレやネギの他にも一緒に包む具が6種類くらい付いてきた。
特におろしニンニクと砂糖の組合せが美味しかった〜。

pekin2 051.jpg
0.5羽でスープやお粥、デザートなんかも付いて日本円で2,000円ちょっと!
地元でもけっこう有名な高級なレストランなんですがね。
安いな〜。

pekin 184.jpg
ここからは、たまに日本のTVでも紹介される
色んな食べ物の屋台が並ぶ東華門夜市
撒尿牛丸って何なんでしょうね?尿を撒くミートボール?
利尿作用があるって事なのかな?

pekin 185.jpg
パイナップルの器にご飯が詰まってて、あと赤と緑の玉は何でしょう?
見た目は悪くないけど甘そうでどうもねぇ。

pekin 164.jpg
ドライアイス入りジュース。
写真では伝わりにくいけど、とにかく泡がブクブク凄いし、
白煙の勢いも凄すぎて飲むとかそういう雰囲気ではなかった。
買ってる人もいなかったね。

pekin 180.jpg
鹿やダチョウの肉の串焼きみたい。
でもこれぐらいなら見た目もグロくないし食べようと思えば食べられそうかな。

pekin 160.jpg
この辺からちょっとくるね。見た目が。
でも手前のデロ〜ンとしたのはタコイカだし(たぶん)火を通せば食べられそう。

pekin 163.jpg
これはちょっとね・・・・・。
羊の内臓らしいです。
何か嫌な質感してるなぁ〜。

pekin 171.jpg
ヒトデ。
こんなの美味いのかな?
デカイしとても食べたいとは思わなかった。

pekin 183.jpg
ちょっとピンボケしてるけど、向かって右から
タツノオトシゴトカゲ、左二つは不明。

pekin 165.jpg
お待たせっ!
有名なサソリの串焼き(下段右と中。上段右から3番目は大サソリ)。
他はコオロギとか幼虫というかサナギというか不明。
とにかくみんなデカイ、キモイ、絶対に食わない!

pekin 175.jpg
ムカデ。
嫌いな人はクリックしないでね。
しかし誰が食うんだこんな物?
ちなみに上のサソリなんかも含めて、ゲテモノ類は
現地の人でも買って食べてるのを見かけませんでした。

結局この屋台街では何も買いませんでした。直前に別の所でちゃんとしたの食べててお腹空いてなかったっていうのもあるけど、とても食欲がわかなかった。
屋台の食べ物は台湾が一番かな。

pekin2 183.jpg
尚、市内はオリンピック一色。
では、みなさん来年の北京オリンピックでお会いしましょう手(パー)

pekin2 190.jpg
って帰ろうと思ったら飛行機が3時間20分も遅れる事に。
しかもそういう類の案内の放送が皆無
モニターで確認しなければ分からない。
他の線も遅れてたからかもしれないけど、こんなんでオリンピック大丈夫なの?

pekin2 192.jpg
そして搭乗開始の5分前に遅れたお詫びにと弁当を配りだした中国国際航空
何だよ5分前って!当然5分後には搭乗開始。
配られたばかりの弁当を手に慌ただしくバスに乗り機内へ。

pekin2 193.jpg
搭乗後すぐに弁当を食べ、離陸。
間もなく写真の機内食が。そんなにすぐ食えないって!
味はまあまあ。今回は凍ってはいませんでした。

pekin2 197.jpg
とはいえ食べ終われば落ち着いたもの。
いつもながら機内から見るはきれいだ。
長かったような短かったような北京からあと数時間で東京へ。

pekin2 199.jpg
帰ってきたら真っ赤な見事な夕焼けだったんですが写真ではいまいちですね。
成田に着いた途端、またどこかに旅行に行きたくなった。
次はどこへ行こう?

posted by Shintaro at 02:53| 東京 ☀| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

北京其之参

あれ?もうブログ更新したの?やれば出来るじゃん!
ってな訳で北京第三弾は街中編です。
どぞ!

pekin2 176.jpg
先ずは本屋の入り口にかかってたハリーポッターの広告。
中国でも人気あるみたい。
だけど、ちょっと怖いなコレ。

pekin2 169.jpg
当たり前のように赤信号を無視する人達。
右隅に写ってるのはパトカーなんだけどお互い気にしてない様子。
ちなみに右折車は減速しないで横断歩道に突っ込んでくるので危なくてしょうがない。奥に見えるオレンジのヘルメットみたいのは公衆電話ね。

pekin2 161.jpg
こんな人力の三輪車も健在。
北京名物の自転車は思ったより少なく、とっくに自動車の時代になってた。
しかし、やたらクラクション鳴らしまくるしマナー悪すぎ。
マナーなんて中国人に言っても無意味なんだろうけどね。

pekin2 159.jpg
今回の北京のベストドレッサー賞。
もちろんぴちそのには意味も無いが罪も無い。
でも、変な日本語Tシャツさんはこの人だけだったね。
台北にはあんなにいたのに・・・・ちょっと残念。

pekin 131.jpg
王府井という繁華街(東京で言うと新宿や渋谷みたいな所)で見つけました。
最初は冗談かと思ってたら警察とか来ててマジでした。
近くで工事中にうっかりやっちゃったのかな?
中国らしいね!あははわーい(嬉しい顔)

pekin 083.jpg
さて、ちょっとした下町に来るとこんな感じ。
適度に寂れてていい感じ。
上海ではパジャマ姿のオヤジをよく見かけたけど、
夏の北京は上半身裸のオヤジだ!
ま、暑いからね。

pekin 082.jpg
くだもの屋。
売られてるのは桃やスイカやメロンにバナナなど日本とあまり変わりないかな。
違うのは使われてる農薬の量くらいかな?あははわーい(嬉しい顔)

pekin 071.jpg
こんなタバコ売ってました。
紅梅ってなんかいいですね。購買意欲はわかなかったけど。
ホ〜ムラン野球 ホ〜〜〜ムランexclamation

pekin 092.jpg
歩いてたらいきなりコレだよ〜。
もうたまんないよね。さっきまで遊んでたんだねきっと。
特に年季の入った将棋盤に一番色気を感じるね。

pekin 085.jpg
かと思ったら今度はコレだもんなぁ〜。
店の前でこんなのでお湯沸かすんだもんズルイよね。
いい味出し過ぎでしょ?
練炭なんて今時、日本じゃ集団自殺する時にしか使われないんじゃない?
キャンプでも使う?キャンプって言われてもねぇ〜。

pekin 103.jpg
とある路地。
中国では胡同(フートン)って言って北京の下町にはあちこちにありましたね。
ココにはなんか絵が描いてあって面白かった。
ソフトなプロパガンダかな?

pekin2 055.jpg
駅に滑り込む地下鉄2号線
北京にはこの時点で4つの地下鉄の路線があったけど、
この2号線と1号線は古臭かった。
オリンピックまでに路線を増やすらしいけどね

pekin 195.jpg
その2号線の中で見つけたポカリスウェットの広告つり革。
空き缶がそのまま入ってるよ。
蒸し暑い車内には冷房は効いておらず、天井の数台の扇風機がブーンという音と共に熱気をかき混ぜててとても不快でした。

pekin 118.jpg
これが地下鉄の切符
わら半紙みたいな薄っぺらい紙で出来てます。
料金は3元(1元は約15円)均一です。
切符の他にもちゃんとsuicaみたいなICカードもあります。

pekin 124.jpg
さて、その切符はこんな係員が2〜3人しかいない窓口で買います。
北京駅ですが自動券売機はありません。
ICカードのチャージもここでやります。
当然、しょっちゅう行列が出来てましたがこの辺は
共産国家の面目躍如といったところでしょうか。

pekin 123.jpg
これが地下鉄2号線北京駅の改札
ICカードは腰の辺りにある読み取り機にかざすだけだけど、
切符は係員に渡してちぎってもらう。
ちなみに降りるときは改札は無し。そのまま出られる。
来年オリンピック・・・・・

pekin2 174.jpg
しかし、新しい路線の13号線には日本のJRと同じタイプの新しい改札も。
人件費を考えたらこっちの方が経済的だと思うけど、中国では必ずしもそうじゃないのかな?詳しい理由は分からないけどさ。

そういえばバスの中にも運転手の他に車掌が乗ってて切符を売ってた。その車掌がバスの前後に一人ずつ、それぞれ専用の座席にどっかり腰を下ろしてね。
その二人がいなけりゃ何席か乗客用の席が作れるのに。

とにかくどこに行っても無駄に人を使ってたような気がしたね。
そのくせ窓口には少なくて、しょっちゅう行列が出来たりしてね。
上海はこんなにひどくなかった気がするけど。
オリンピックを機に少しは変わるのかな?
posted by Shintaro at 08:49| 東京 ☀| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

北京其之二

というわけで今回は北京第二弾。
中国といえば天安門と共に有名なのが万里の長城とパンダ。
今回は万里の長城・パンダ編です。

pekin2 056.jpg
北京市内からバスに乗って八達嶺という長城の中でも一番上りやすい所から
上りました。最高点の城楼まで急勾配を歩いて一時間弱。

pekin2 082.jpg
龍のようにどこまでも伸びて行く城壁。
あいにくの曇り空で眺めはいまいちだったけど、蒸し暑くて汗が止まらなかった。
日差しをさえぎる物が何もないし、かえってカンカン照りじゃなくて良かったかも。

pekin2 091.jpg
この辺は改修が終わっててキレイですね。
天安門同様、国の内外から老若男女問わず訪れてました。

pekin2 069.jpg
一番高い城楼付近。
どこにでも土産物屋は必ずある。
そして売ってる物もほとんど同じ。
でも、何もこんな所で時計や箸なんか売らなくてもね。

pekin2 079.jpg
中国では地下鉄やバスの中など、どこでもおかまいなしに携帯をデカイ声で
かける人が多いが、何もこんな所まで来てかけなくてもね。
しかも子供
こんな山奥までよく電波が届くもんだ。

pekin2 080.jpg
この先は改修されて無いので立ち入り禁止
確かにこんな所怖くて歩けないよ。
紀元前から北方の騎馬民族の侵入に備えて造り始めたらしいけど良くやるね〜。
改修するのも大変だねこりゃ。

pekin2 089.jpg
帰りはこんな急な所を下るから行きよりも大変。
雨降ってたらツルツル滑って危ないよほんと。
でも、杖を突いたヨボヨボのおじいさんやハイヒール履いた女の人、
おばけかぼちゃのような太った外人まで色んな人が上り下りしてて面白かった。
来て大正解

pekin2 099.jpg
次は北京動物園のパンダです。
4〜5匹いたけど暑くてみんなだらけてました。
こいつは向こうを向いたまま、ずっといじけてました。
朝青龍も今こんな感じなのかな?

pekin2 111.jpg
昼寝するパンダ。
よく見ると汚いね。
尚、パンダは地元の子供達にも人気者でした。

pekin2 103.jpg
スイカを食べるパンダ。
パンダって笹しか食べないものかと思ってました。

pekin2 105.jpg
食べ終わったかと思ったら定位置にてモゾモゾ。
どうやらう○こをしてるみたいです。

pekin2 106.jpg
「飯も食ったし、う○こもしたし。ふぁ〜あ・・・・」
ってな感じでこのあと動かなくなりました
他の動物もそうだったけど、夏の暑い日中に見に来てもだらけててダメですね。
って人間も同じか。

pekin2 114.jpg
さて、動物園内の水路からボートに乗って数十分で清朝の庭園だった頤和園へ。
途中こんなきれいな所を進みます。

pekin2 142.jpg
園内のなんとかっていう高い建物から見下ろした園内の様子
手前に見える屋根は・・・・何ていう建物か忘れた!
いちいち覚えてられないって。

pekin2 138.jpg
向こうの方に北京市内が見える。
中国の中でも最大の皇室庭園らしいけど、とにかく広くて半分しか周れなかった。
他の観光名所もそうだけど朝から一日がかりじゃないと
全部見られない場所が多い気がする。

中国の歴史的建造物の大きさに比べたら、吉祥寺の楳図かずおさんのまことちゃんハウスのことなんか小さくて小さくて・・・・。

次回の第三弾もお楽しみに!
posted by Shintaro at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

北京

そういうわけで6日間ほど、オリンピックを一年後に控え何かと話題の中国は北京に行ってきました。
日本も暑いけど北京も蒸し暑かったですね。
今回も愛機「Caplio R4」が大活躍してくれました。500枚以上撮った写真の中からまずは天安門・故宮編をどうぞ!

pekin 204.jpg
北京といえばおなじみの天安門
中国全土、世界各国から観光客が訪れます。
この日も人でごった返してました。

pekin 205.jpg
真ん中の毛沢東の肖像画。
とにかくデカイ!そして独特な髪型!
ちなみに門の上には上れます。
後ろ向きの白シャツは係員です、念の為。

pekin 213.jpg
その門の上から天安門広場を見下ろすとこんな感じ。
国旗の向こうに見えるのが人民英雄記念碑
その向こうの建物が毛主席紀念堂
毛沢東の遺体が安置されてるらしいが、改装中で中には入れなかった。
この向こうに正陽門箭楼という歴史のある巨大な建物があるのに
隠れて見えない。ハッキリ言って毛主席紀念堂邪魔なんだよねわーい(嬉しい顔)

pekin 240.jpg
で、天安門を後にして奥に進むといよいよ故宮
かつて元・明・清の三代の王朝のあった、
映画「ラストエンペラー」でおなじみの紫禁城の跡地
・・・・なんだけどここも中心の太和殿、太和門とも改装中。
ん〜残念。

pekin 248.jpg
それでも他は大体見られたけどね。これは中和殿
昔、皇帝が太和殿で大典を執り行う前にココで準備したりしたんだって。
椅子はもちろん皇帝が座ってた物。
でも、もうちょっと床とか掃除すればいいのにね。

pekin 277.jpg
どこかの建物の屋根飾り。こんな所にまでこんな細かい彫刻がっ!
中国人てこういうの好きだよね。龍とかさ。
しかし、屋根の上の小さな飾りさえもこんなに大きく撮れるのも、
7倍ズームの愛機Caplio R4のおかげ。

pekin 305.jpg
暢音閣っていう皇帝の為に京劇を演じた舞台の屋根に描かれてた龍の絵。
愛嬌があったので撮ってしまいました。
それにしても、屋根に描かれた小さな絵さえもこんなに大きく撮れるのも、
7倍ズームの愛機Caplio R4のおかげ。

pekin 296.jpg
故宮内の壁。とにかく何もかもデカイんですよね。
敷地も広すぎてとても全てを一日で見て回るのは難しいです。疲れるし。
ちなみに故宮内にあったほとんどの歴史的に価値のある物品は、
蒋介石と国民党軍によって台湾に持ち逃げされたそうですよ。

pekin2 012 (2).jpg
さて、きりが無いので故宮を後にし今度は少し北に行って
鼓楼鐘楼という昔、太鼓や鐘で時間を知らせた楼閣へ。写真は鐘楼

pekin2 013.jpg
中に上がるにはこんな急な階段を上らなければならない。
怖いから両手で手すりを握ってゆっくり上ったね。
高所恐怖症だから降りる時の方が怖かったね。
階段の途中で子供がふざけてたから、本気で殴ってやろうかと思ったね。

pekin2 023.jpg
ちなみに上からの景色はこんな感じ。
北京けっこう緑が多いんですよね。
曇ってるけどそれはそれでいい雰囲気になってる。
北京ぽいでしょ?

例によって疲れたから続きはまた今度。
そういえば選挙やってましたね。
北京で足裏マッサージしてもらいながらNHKの衛星で見ましたよ。
自民大惨敗って北京のニュースや新聞でもけっこう大きく取り上げられてました。
民主党の一人勝ちってそりゃそうでしょうね、あれだけ内閣にスキャンダル続出じゃぁ。
でも、いくら自民党がダメだと言ったって、中国共産党よりはマシでしょうに。
あと、ちゃんと期日前投票には行きましたから。選挙マニアですからボク。

posted by Shintaro at 12:41| 東京 ☁| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

台湾だよん-2

という訳で台湾第2弾

RIMG0240.JPG
一番有名な士林夜市
とにかく人が多過ぎて前に進むのも大変。
午前0時過ぎてもこんな感じ。台湾人は夜が遅い。

RIMG0231.JPG
フランクフルトがこんなにでかい。
とてもじゃないけど食べたいとは思わなかった。

RIMG0100.JPG
豆花。
底に小豆とか色んな豆類が沈んでてもおいしかった。

RIMG0181.JPG
蚵蚵蚵
カキ入りオムレツ。
メニューの右から6番目。40元(1元=約3.8円)。
ソースがかかってて、小ぶりのカキがいっぱい入っててかなり美味しかった。

RIMG0170.JPG
魯肉飯(豚肉を煮込んでご飯にかけた物)と炒米粉(焼ビーフン)。
両方とも台湾の庶民の味。特にビーフンが美味しかった。

RIMG0046.JPG
町のあちこちにがいた。
あまり紐や鎖で繋がないらしい。

食べ物が美味しいので(デザートは日本以上!)一日中色んな物をちょっとずつ食べてたのでお腹が空かなかった。その分少し太ったみたい。

機内食(チャイナエアライン)も上海行った時より格段に美味しかったし間違っても凍ってなんかいなかった。
人も陽気で親切な人が多かった。親日的な人が多く、日本語ができる人は若い人は大陸の中国共産党の事を、年配の人は戦後に台湾に来た国民党と大陸の中国共産党の両方をこれでもかと罵倒してたのが面白かった。よっぽど嫌いなんでしょうね。

日用品はそうでもないけど、交通費と食費は日本より割安なのでまた行きたいですね。まだまだ食べたい物もいっぱいあるし。

あと、昨日やっと携帯の機種変した。結局サンヨーの青いの。
色々新しい機能とかついてて面白いけど使い慣れてないから大変。
posted by Shintaro at 18:58| 東京 ☔| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

今度は台湾だよん

という訳でちょっと台湾に行ってきました。

RIMG0130.JPG
有名な台北101
高さ508m・地上101階で現在世界一高いビル。
こないだの上海のTV塔よりセンスはいい。

RIMG0176.JPG
長〜い行列に並んで、当然展望台に上ってみました。
夕暮れの台北市内

RIMG0167.JPG
地下鉄に乗る時はsuicaみたいなICカードもあるんだけど一回分の切符がこんなおもちゃのコインみたいのだった。これを改札機の読み取り部にタッチするのが不思議な感じ。カードなら分かるんだけどコインをかざすというのが何とも。ちなみに降りる時は改札の投入口に入れるのでした。

RIMG0188.JPG
あるマッサージ店の入り口に、台湾でも有名な志村けんさんが。
台湾名物の足裏マッサージには毎日行きました。
終わった後に靴を履くとむくみが取れたのか靴が少しぶかぶかに感じて良かった。
料金はは日本の半分くらい。

RIMG0043.JPG
淡水という街中で地元の小学生が禁煙しましょうのデモ行進をしてた。
地下鉄(MRT)の終点にあるこの街はけっこう楽しかった。
おすすめ。

RIMG0454.JPG
現地で最もポピュラーな乗り物スクーター
とにかく街じゅうスクーターだらけ。
ベトナムではスーパーカブだらけだったけど台湾ではこういうタイプがやたら多い。

RIMG0150.JPG
中正紀念堂の近くの建物。
何も改築中だからって絵でカモフラージュしなくても。

RIMG0162.JPG
「台北の渋谷・原宿」西門町で見かけた「代代木駅」というお店。
日本的な物がおしゃれなんだろうけど
他にも商品や店に「新宿」と付けてるのをよく見かけた。

という訳で疲れたので続きはまた今度手(パー)
posted by Shintaro at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

上海だよん-2

そういうわけで上海第2弾

上海 2007・4・27〜5・1 033.jpg
上海市内からバスで一時間程の所にある朱家角
明・清時代の建物がいっぱい残ってました。

上海 2007・4・27〜5・1 049.jpg
路地はこんな感じ。
今でも地元の人が普通に生活してました。

上海 2007・4・27〜5・1 037.jpg
こんな感じで。
そういえば上海市内の人通りが多い場所でも
昼間っからパジャマ姿のおじさんを見かけた。

上海a 2007・4・27〜5・1 020.jpg
バスターミナルの売店で買ったサンドウィッチ。
もうこのくらいでは驚かない。

上海 2007・4・27〜5・1 095.jpg
魯迅公園の橋の欄干で記念写真を撮る新婚のカップルと
それを腕組みをしながら見てる子供たち。
この後カメラマンに注意されてブツブツ言いながら去って行った。

上海 2007・4・27〜5・1 013.jpg
一番の繁華街南京東路
夜遅くまで人でごった返してた。

上海 2007・4・27〜5・1 063.jpg
東方明珠塔がある浦東地区の夜景。
夜景を撮るのは難しいや。

上海 2007・4・27〜5・1 147.jpg
帰りの飛行機(中国東方航空)の機内食。
そばが見事に凍ってたのでスプーンを立ててみた。

上海 2007・4・27〜5・1 148.jpg
サラダもこの通り。
とてもじゃないけど食べられなかった。

結局5月1日の13時頃成田に帰ってきて、急いで家に帰って着物を持って池袋演芸場の楽屋に着いたのが16時20分頃。
その後着替えてなんとか無事に16時45分の自分の高座には間に合ったけど、息が上がって大変だった。
でもなんとかなるもんだね。

上海 2007・4・27〜5・1 002.jpg
おみやげはこの豚のお茶のポットと茶碗のセット。
景徳鎮のお店で150元(約2300円)でした。

posted by Shintaro at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

上海だよん

4月27日から昨日まで四泊五日で中国の上海に行ってきましたよ。
中国本土に行くのは初めてだったんですが、イヤ〜思ってたより面白かったですね!上海は人も多く中国全土から出稼ぎに来てるようで老若男女個性的過ぎる人が多くて人間を見てるだけでも楽しかったですよ。基本的にみんな無愛想ですけどね。
ただ、環境汚染が相当ひどくて空気は埃っぽいし常にもやがかかってる感じで、川も汚く泊まったホテルのシャワーが川の水と同じ臭いがしたのには閉口しました。さらにレストランで出たお茶も同じ臭いがしたので一口飲んでやめました。
あと、とにかく街全体が広くてかなり疲れたふらふら
とはいえ、あらゆる物が新旧入り乱れてて非常にエネルギッシュで騒々しくて無茶苦茶で腹立たしい事もあったけど必ずまた行きたい街でしたね。決して住みたいとは思わないけど。

上海 2007・4・27〜5・1 056.jpg
ホテルの部屋(10階)からの眺め。
古い街並みの向こうに高層ビル群が。

上海 2007・4・27〜5・1 031.jpg
その古い街並みを望遠で。

上海 2007・4・27〜5・1 057.jpg
別の角度から。雨も降りました。

上海 2007・4・27〜5・1 058.jpg
街中から。

上海 2007・4・27〜5・1 076.jpg
路地裏。

上海 2007・4・27〜5・1 068.jpg
横断歩道に堂々と布団が干してあった。
けっこう交通量の多い所なのに平気なんだね。

上海 2007・4・27〜5・1 144.jpg
豫園(ユーユエン)ていう有名な庭園。
静かで落ち着きのある場所なんだけど、国内外からの観光客で大賑わい。
ちなみに中国でも今の時期は大型連休で観光地は人だらけ。

上海 2007・4・27〜5・1 133.jpg
豫園には変わった形にくりぬかれてる壁があちこちにあって面白かった。

上海 2007・4・27〜5・1 032.jpg
人気の無い上海の夜の街角。
なかなかいい雰囲気。

上海 2007・4・27〜5・1 001.jpg
東方明珠塔というテレビ塔。センスが悪い塔だなぁ
・・・とか何とか言いながらしっかり展望台には上りました。

上海 2007・4・27〜5・1 267.jpg
その展望台からの夜景。
川向こうのオレンジにライトアップされてるのが外灘(バンド)の建物群。川沿いに租界時代の古い欧米の建物が並んでる上海で一番有名な観光スポット。

上海 2007・4・27〜5・1 273.jpg
違う方角の夜景。


というわけで疲れたので続きは後日改めて。
posted by Shintaro at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。